分譲住宅のメリットデメリット

住宅区分の中で、はじめから分譲することを目的として建てられた建築のことを、分譲住宅といいます。外観や間取りなどの建築的な計画が、建築会社側であらかじめすでに決められており、その上で大量に同じ住宅を建てるので、コスト面で安く建築することができます。そのため、低予算での住宅の購入を考えている方にはおすすめの物件となります。一方、分譲住宅はほとんどが密集型の大量生産の建物であることから、間取りやデザインが非常に限られているということが欠点です。

↑PAGE TOP