分譲住宅のメリットデメリット

住宅区分の中で、はじめから分譲することを目的として建てられた建築のことを、分譲住宅といいます。外観や間取りなどの建築的な計画が、建築会社側であらかじめすでに決められており、その上で大量に同じ住宅を建てるので、コスト面で安く建築することができます。そのため、低予算での住宅の購入を考えている方にはおすすめの物件となります。一方、分譲住宅はほとんどが密集型の大量生産の建物であることから、間取りやデザインが非常に限られているということが欠点です。

物件の多さが魅力の賃貸

賃貸物件の魅力は、何と言っても数が多いことです。ありとあらゆるエリアに物件がありますし、駅までの距離やお店までの近さ、建物のデザイン、間取り、物件設備はそれぞれ異なりますから、自分に合った物件をみつけやすいものです。賃貸物件は、賃料の範囲が広いのも良いところです。3万円ぐらいのところから10万円以上の物件まで、小刻みに賃料が上がっていく形で大量の物件が存在しています。ですから、物件探しをしている時の経済状況に合わせて選ぶこともしやすいです。

↑PAGE TOP