持ち家を買わない賃貸派が増加中

以前は、自分で家やマンションを買う持ち家派が多かったですが、最近は一生賃貸物件で過ごすことを考えている人が増加しています。日本の人口が減少しており、空き家率の上昇がニュースなどで流れていることから、家やマンションを買うことのリスクを感じている人が多くなっていると言われています。家やマンションが余っていると、不動産価格は下落することになるため、賃貸で必要に応じて物件を借りる方が合理的と考える人が増えています。

↑PAGE TOP